instagram

メインテナンス

メインテナンスを今はじめる大切さ

通常の歯ブラシでは届きにくい奥歯や歯と歯の間を歯科衛生士に清掃してもらったり、歯茎の状態を定期的に調べたりして、歯周病やむし歯になるリスクを減らす取り組みです。
焼津市の歯医者「もも歯科」に来院されたことで、自身のお口に興味を持って頂き、メインテナンスを日常生活に取り入れてくださる方が少しでも増える事を願っています。

スキルの高い歯科衛生士によるメインテナンス

日本ヘルスケア歯科学会認定歯科衛生士が在籍

日本ヘルスケア歯科学会認定歯科衛生士が所属しています。これは患者さまの「健康を守り育てる歯科治療」を提供するための技術と能力を認定された衛生士に付与される資格です。

歯科衛生士は患者さまごとに担当制

歯科衛生士の担当制を導入しています。ご来院ごとに同じ歯科衛生士が担当することで患者さまの少しの変化も見逃さないように注意しています。

拡大鏡やマイクロスコープを使用した処置

歯科衛生士による歯のクリーニングを行う際には拡大鏡を使用します。そうすることで肉眼では見えない歯垢や歯石まできれいに落とすことができます。

歯石除去はセミナーでトレーニングを積んだ歯科衛生士が実施

歯石除去は、セミナーでトレーニングを積んだ歯科衛生士のみが実施します。

当院が実施するメインテナンス

染め出しをしての歯磨き方法の確認

染め出し液を使って磨き残しを可視化したうえで、それぞれの状態に合わせた磨き方を一緒に丁寧に確認していきます。

SRP

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)は、歯周ポケットの深い部分に入り込んだ歯石や感染物質を取り除く処置です。歯石の除去(スケーリング)だけでは歯周病治療の成果が出ないときに、SRPを行うことで状態を改善しやすくなります。

エアフロー

歯科医療用の微小な粉末を、歯面に吹き付ける処置です。歯磨きでは落とせない歯面の着色や、むし歯の原因となるバイオフィルムも除去することが出来ます。

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)は、歯科医療に関する国家資格を持つ歯科医師または歯科衛生士が、専用の道具を使って行う歯のクリーニングです。家庭で行うブラッシングでは取れない汚れをしっかり落とし、歯面を磨き上げることで汚れが付きにくい状態を作ります。

ご自宅でのお口ケアと定期メインテナンスで健康を守りましょう

むし歯や歯周病を予防するためには、毎日のセルフケアを適切に行うことと、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが欠かせません。「歯磨きは毎日丁寧に行っている」という人でも、自己流の磨き方では磨き残しが必ずあります。メインテナンスにお越しいただければ、プロによるクリーニングと磨き残しを踏まえた歯磨き方法の確認、むし歯や歯周病のリスクを減らすための食習慣のアドバイスなどを提供いたします。

求人情報

ページトップへ戻る